のののCOMICS

読んだアメコミの感想、紹介などです。MARVEL中心。セルフ邦訳。電子辞書超便利。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Daredevil:End of Days #5

待ちに待ったパニッシャー回!
しょっぱなからデアデビルにキャメルクラッチ決めてるパニッシャーさんの一枚絵でもうこの時点で満足でした。
パニッシャーとデアデビルの関係がユーリック目線で語られてて面白い。ベン本当にパニッシャー嫌いだなあ。
この椅子に拘束されてるパニッシャーさんめっちゃカッコイイですね!!
そしてデアデビルの弟子の存在を示唆。まじかよ。
そしてやっぱりパニッシャーさん脱獄。ライカー島は脱獄されるために存在するんですね。

スーパーヒーローコスチューム屋さんがあるってのは知ってたんですが、(元)グラティエーターがやってるってのは知りませんでした。デザイナーのくせに自分のコスチュームださくね...?
で、二週間前にデアデビルのコスチュームを作ったと。しかも小さめ。
これはデアデビルの弟子がいよいよいるってことに...

フォギーもやっと出てきました。名前だけですが。フォギーは国外へ、そしてナターシャの写真。
次回ナターシャ回?だからすんごい気になります。
ピーターも留守電で登場したけど、これだけじゃないよね?

そしてブッシュワッカー。息子と話してる時にテレビからブッシュワッカー逮捕のニュースが聞こえてきてたのも伏線だったんですね。
ブッシュワッカーボコりに来たおっさんは誰?
おっさんに窓から放り出されるユーリックを助けにくるデアデビル...!?
いつも思いますがヒキが秀逸すぎて毎回毎回次の話が気になってしょうがないです。
アートも言うまでもなく素晴らしいです。
デアデビルゴーストの正体誰!?
パニッシャーさんの再登場にも期待してます!
スポンサーサイト

 

Daredevil:End of Days#1~4 感想

ネタバレ無しの紹介はこちらの記事で
Daredevil:End of Days

ネタバレしまくり
あらすじ感想ごっちゃでえらくよみづらいです。


#1
冒頭のブルズアイとの殴り合いシーンがかっこよすぎ。マットが必死に戦っているのに、周りの人は写真を撮ったり、録画したり、ただ眺めていたりするだけってのがまた...
JJJは何でこんな性格なのに部下がついてくるの 目撃者が誰も語りたがらない見開きはちょっと笑った。
ユーリックが記事を書き始めるシーンが大好きです。
「彼はビジランテではない。そんなことは、ちょっと見ただけの奴等が言っているだけで、間違いだ。ビジランテは目的を果たすために武器を使う。銃、ナイフ、爆弾...しかし、マットは違う。マットが使うのはコスチュームと、スティックだけだ。我々を傷つける奴等から、我々を守ってくれた。彼はビジランテではない。彼は...」(...兵士?)「戦士だ。」
記事の文字とユーリックの思考でフォントが違うって演出も素敵。
この話での謎は、デアデビルが死の直前に呟いた言葉"Mapone"の意味とは?デアデビルは何故キングピンを殺害したのか?ブルズアイとの最期の戦いまで、どこに姿を隠していたのか?
あとラストページのデアデビルは誰!?

この時点で私はキングピン殺したデアデビルの中身はパニッシャーさんなんじゃね?って勝手に妄想してましたが予想は多いに外れました。パニッシャーさん投獄されてたわ!#4のラストに出てきます。


#2
ユーリックがタイムズスクエアを闊歩する見開き絵、ポスターでください。後ろのお店にファンタスティックフードとかハルクミュージカルとかパニッシャーさんの看板とか、小ネタも素敵。
2話は、マットの元カノ巡礼回。ナターシャ、ミラ、エレクトラ。
まずはナターシャロマノフ、マットの元カノ、ブラックウィドウに会いにいこう!
時間の無駄だと思いつつアベンジャーズマンションを訪ねるユーリック。社長飛んでるのシュール。受付の女の人にアポ取って下さいね~って追い返されちゃって、やっぱ時間のムダでした。
で、どうしようか~と酒飲んでたらバーのマスターから突然紙を渡される。
『後ろ』
ナターシャじゃね!?ってなりながら店の裏の路地に入ってったらオーマイガー、ニックフューリーでした。
私フューリー大好きなんでここ超興奮しました。でもこいつどこにでも顔突っ込んでくるよね。
フューリー曰く、「ナターシャ死んだから諦めなさい」とのこと。言うとおりにするユーリック。マポーネの意味はフューリーは知らない様子。マットについても知らぬ存ぜぬ通してるけど、「お前はゴーストがいるって知らないだろ」とか意味深なこともいってくるフューリー。
次に訪ねたのはこのアースではどうなんだかわかりませんが、マットの元妻、ミラドノヴァン。このミラ目見えてんのか。あとミラの子供がマットにソックリだったのでユーリック絶句。
ミラはマットに対してあまりいい感情を持っていないらしく、情報という情報も聞き出せない。マポーネも知らない。「カワイイ子ですね」→ ビンタも面白かった。
マットのお葬式にはいかない!ってユーリック。でも見に行ってみるとフォギーも他のヒーローも全然来てない。何で?
そこでエレクトラらしき人影見つけて尾行→背後を取られる。ユーリック「Mapone」で、次回へ続く。


#3
マットの元カノ巡礼回2です。

エレクトラは静かに暮らしたい。
マポーネは関係無かったっぽい。エレクトラの息子さんも完全にマットの遺伝子入ってます。ユーリックに忠告して去って行くエレクトラ。
次、ターフォイドマリー。女優さんをやってるのかな?またマット似の子供がいます。双子。ユーリックのもうええわみたいな顔に吹く。
マットの話題を出すたびに元カノみんな激昂します。ターフォイドマリーは二重人格なのですが、悪い方の彼女とはもう喋れませんとのこと。マポーネも知りません。
ユーリック「その子供たちは、彼との...?」
マリー「私には分からないわ。彼女の子だもの。」
って目に涙を浮かべて訴えるシーンが切ない。
次、エコー。エコーは子供いなかった!よかった!
エコーパートは正直言うとちゃんと読んでないんですが、それはマック先生のアートが美しすぎるせいです。マポーネも知らないし、まあファンサービスとか、マック先生の趣味パートだと思います。
で、行き詰まった~!ってなってるところに電話。
「ブルズアイが見つかった」
現場へ急行するユーリック。と、デアデビル。幽霊デアデビルの中身マジで誰だろ?
別にもっと訪ねるべき人いっぱいいるんじゃね?と思ったけどマットの元カノ全員巡礼したら全8話では足りないよね。



#4
ブルズアイ死んでた。安アパートの一室で、額を撃ち抜かれて死亡。背後の壁には血でマポーネの文字が。
ユーリックの推理描写が面白いです。
「これは他殺じゃない!跳弾による自殺だったんだよ!」
「な、何だってー!?」
まあブルズだし出来るんでしょうね。でも血文字は誰が書いたの?
「赤い服を着た女が、銃声の直後、建物から出て行くのを見た人がいるらしい。」
赤い服の女。OMG
部屋に残っていたマッチに書かれていたクラブを訪れるユーリック。
このクラブの偉いさんのタークって人も、デアデビルのシリーズのキャラクターだったんですね。知らなかった。
追い返されそうになりつつも、女に会わせろと懇願するユーリック。「警察に先を越されたら、真実は闇の中だ。」
このシリーズ、ユーリックさんめっちゃかっこいいので、ユーリックが好きになります。
で、赤い服の女に会えたユーリック。
エレクトラ...ではなかった!
錯乱する女性「私は何もしてないわ。あいつが私を殺そうとしたの!これ着て黒髪ロングのヅラ被ったら二倍金出すって言われたの」
ヅラを取ったら金髪でした。
錯乱しつつも、ブルズアイと何があったかを語る女性。マットのマスクかぶってご満悦なブルズがクソかわいいです。
泣きながら自殺したの?ブルズはマポーネを知っていたらしい。

で、ユーリック帰宅。TVのニュース「ブッシュワーカーが捕まりました。デアデビルが捕まえたのを見たという方がいるそうです。デアデビルのゴーストか?模倣か?」
ユーリックの息子「死体見たの?」
ユーリック「何?」
息子「デアデビルだよ。ちゃんと死体見たの?」
ユーリック「知りたいのか。ああ、見たよ。」
息子「ホントに死んでたの?デアデビルだったって確信してる?」
ユーリック「ああ。私が見た時には死体だった。」
息子「でもあいつってニンジャでしょ?」
ユーリック「ご飯を食べなさい。」

マット生きてそうな気がしてきた。

そして、ライカー島へ。
レクター博士みたいな扱いのパニッシャーさんこと、フランク・キャッスル登場!!
このシリーズ読もうと思ったきっかけの一つが、パニッシャーが出るって聞いたからなので、ホントに満を辞して!って感じです!!

パニ「何が望みだ?」

カッコイイイイイイイイイ
表情をピクリとも動かさないパニッシャーと、落ち着きの無いユーリックとの対比も良いですね!
パニッシャーさんの、俺はマット・マードックを知らない。俺が知ってるのはデアデビルだ。ってセリフも何か好きです。
意図的にデアデビルに監獄に入れてもらったというようなことや、デアデビルがキングピンを殺したことについて語るパニッシャー。
そしてユーリック困った時の"MAPONE."
で、次回へ続く!

次回は表紙がパニッシャーなので期待高まりまくりなんですけど、パニッシャーさん死亡フラグビンビンなので怖いです。島ごと爆発したりする?
ちなみに#6の表紙はブラックウィドウ...生きてんじゃん!!

スパイディとかルーク、ダニーも出て欲しいな~と思ってますが、出そうに無い...?あとフォギーはホントにどこいったんですかね。スティックあたりは出て来てくれる気もします。



最後に、話の内容とは全く関係ないんですが、

この二話の表紙の左側のハゲのおじさんがブライアン・マイケル・ベンディス先生、右がアレックス・マレーヴ先生だそうです。

 

Daredevil:End of Days



今私が読んでいるコミックで、1番続きが気になっているのが、このDaredevil:End of Daysです。現在#4まで発売中。
感想は別の記事で書こうと思っているので、一応ネタバレ無しで紹介を。
ライターにブライアン・マイケル・ベンディス、デイビッド・マック、アーティストにクラウス・ジャンソン、ビル・Sienkiewics(何て読むの)、カラーリストがマット・ホリングスワースと、
今までデアデビルを執筆してきた豪華な面々が描く全8話のシリーズ。
なお、題名はデアデビルですが、マットは一話で死んでます。あと登場人物めっちゃ死にます。


簡単にあらすじ
デアデビルことマット・マードックが、宿敵ブルズアイと死闘を繰り広げた末、殺害されてしまう。ヘルズ・キッチンの英雄、デアデビルの死は、多くの人々に衝撃を与え、彼の死を悼んだ。
デイリー・ビューグル社に勤める新聞記者、ベン・ユーリックも、またその1人だった。彼は、上司のJJJからデアデビルの死についての記事を書け、と命令される。始めは「書けない」と断るユーリックだが、自分がこの記事を書かねば、真実が明かされることは永遠に無いだろう、と考え、デアデビル死亡についての記事を書くことを決意する。そして、彼の死に関わる謎について調べるため、生前、彼と関わりのあった人物の元を訪ね回るのだが...


こんな感じです。実質主人公はこのベン・ユーリック。これまでのシリーズでも、デアデビルと関わりの深いキャラクターです。
ユーリック以外にも、キングピン、ブラックウィドウ、ブルズアイ、エレクトラ、ターフォイドマリー、ミラ・ドノヴァン、エコー、パニッシャーなどなど、デアデビルにまつわるキャラクターが次々に登場します。

もう何かめちゃくちゃ面白いです。まだ中盤なので、謎はほとんど明らかになっていませんが、続きが読みたくて読みたくて仕方ない!
アートも本当にキレイです。見開きのページが多く、特徴的なコマ割りなのですが、もう額縁に入れて飾りたくなるくらいにカッコイイ。話を読まずにパラパラめくるだけでも楽しめそうな気もします。
回想シーンでは違うアーティストが描いたり、エコーなんかは生みの親であるデイビッド・マックが、そのページだけアートを担当したりと、演出も素晴らしい。

これは一話の冒頭、デアデビルとブルズアイの戦いです。超かっこいい。

デアデビルは一話で死んでるのに、デアデビルの魅力満載っていう、私の説明ではよくわからないですが、デアデビルファンには超オススメのシリーズです。もちろんデアデビルのファンでなくても、とても面白いので、是非読んで欲しいです。続き早く読みたい。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

のののMAX

Author:のののMAX
アメコミだいすきMARVELの犬 腐ってます
パニッシャーとデアデビルが特に好きです

Twitter
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。