のののCOMICS

読んだアメコミの感想、紹介などです。MARVEL中心。セルフ邦訳。電子辞書超便利。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUNAWAYS vol.1

この間アベンジャーズアリーナをつい買って読んでみたらめっちゃハマってしまったので、
前々から気になってたランナウェイズもvol2の途中まで買って一気読みしてしまいました。デジコミ怖い...

RUNAWAYS vol.1

Runaways Volume 1Runaways Volume 1
(2011/04/27)
Brian K. Vaughan

商品詳細を見る



ランナウェイズは主人公達が全員少年少女で、別にスーパーヒーローってわけでもない、若干異色のコミックです。
ある夜、自分達の親がスーパーヴィラン集団、『ザ・プライド』であるということに気付いてしまった彼らは、親の元から逃げ出します。
vol.1は全18話で、基本的には、スーパーヴィランである親との戦いが中心です。現在はvol.3まで刊行されています。


メンバーは、
下段左から、
ニコ・ミノル(魔法使い)
モリー・ハイエス(怪力ミュータント)
ガートルード・ヨークス(飼ってる恐竜とテレパス)
上段左から、
カロリーナ・ディーン(七色に燃え上がり空を飛べる 宇宙人)
アレックス・ワイルダー(天才戦略家)
チェイス・ステイン(サイエンティスト 炎を操る武器を親からパクる)
そして一番後ろの恐竜はオールドレース君。87世紀からやってきた恐竜で、ガートルードのペットです。


ちなみに表紙は毎回ジョー・チェン氏書き下ろしなのでめっちゃキレイですが、中身は別の人(エイドリアン・アルフォナ)なので、表紙詐欺だと怒らないでください。
でもアルフォナ先生も一話からめっちゃ絵が上達しててビビります。最後の方とかカッコイイ。
あと中盤のクローク&ダガーがゲストの話は、タケシ・ミヤザワという日本人アーティストの方が描かれているので、そちらは馴染みやすい絵だと思います。


メンバーそれぞれに面白い能力があり、キャラも個性的です。皆好きですが、わたしが特に好きなのはニコです。日系人だしな!でもチェイスのヘタレっぷりも大好き。追加メンバーもあり。
このメンバー達に加え、マーベルユニバースの有名なヒーロー達もゲスト参加したりします。主人公達がヒーローやアベンジャーズの名前を有名人のごとく出し合ったりするので、そういやマーベル世界でのヒーローってそういう扱いだったな~と再確認したり。
クローク&ダガーがB級ヒーロー呼ばわりされてたのは笑いました。さすが子供はシビア。


自分達の親が悪人だと知って、親の元から逃げるという設定なので、暗い話なのかと思いきや、皆わりと元気だし、ギャグとかも織り交ぜてきてくれるので明るく読めます。
それぞれが能力を手にする話シーンはすごくワクワクしました。


スリルあり、笑いあり、恋愛あり、涙ありの全年齢向けコミックで、こんなアメコミもあるんだなあ~といった印象です。
良く言えば万人受けするような、悪く言えばティーン向け?子供っぽい?といった感じでしょうか。
でも大人が読んでも十分に楽しめます!オススメです!



映画化の話も何年も前からあるようなのですが、キャスティングのゴタゴタやアベンジャーズや近年のマーベル映画連発で凍結している様です。
vol.2では、あのアベンジャーズの監督、だったジョシュ・ウェドンがライターをつとめているストーリーもあるので、映画計画も是非再開してほしいです。
スポンサーサイト

Comments


Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

のののMAX

Author:のののMAX
アメコミだいすきMARVELの犬 腐ってます
パニッシャーとデアデビルが特に好きです

Twitter
検索フォーム
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。